不調の原因(起立性調整障害)

起立性調整障害は、悪い姿勢が続くことで、背骨の歪みが慢性化し、発生します。

その理由は、背骨には多くの自律神経が点在し、背骨の歪みにより、自律神経の働きは大きく影響を受けてしまうからです。

起立性調整障害を改善するには、背骨の歪みを整えることで、自律神経の働きを正常化させることが不可欠です。